大会展望

<男子>

Aブロック

東海大学九州

昨年、九州勢としては12年ぶりとなる西日本大会優勝を果たした東海大学九州。今年も素早いパス裁きと連続的な動きからシュートに繋げるバスケットを展開し相手を苦しめるだろう。そんなチームを牽引するのは高い身体能力を持ち得点力のあるキャプテン北原秀明(4年・熊本工業)、的確な判断とパス裁きで勝利に導く司令塔、権藤和也(4年・祐誠)、昨年3P王に輝いた絶対的シューター玉井健介(4年・関福大金光藤蔭)、果敢に攻めこむスタイルが特徴的なオールラウンダー趙漢辰(3年・東海大星翔)、長身を生かしたリバウンドや力強いインサイドプレーを得意とする松井智哉(2年・熊本工業)と昨年に勝るとも劣らないメンバーを擁し、泥臭いディフェンス力と圧倒的なオフェンス力を武器に東海大の意地とプライドを懸け2連覇を狙う。

同志社大学

同志社大学の中心となるのはインサイドの2人。一人はペイントエリアでの支配力があり同志社の大黒柱である田邉陸也(3年・洛南)、もう一人はインサイドプレーヤーながらも力強いポストプレーとミドルシュートを兼ね備える古村健一(3年・北陸学院)だ。さらにアウトサイドには、スコアラーの下田忠至(4年・洛南)、高確率の3Pシュートとドライブを兼ね備えた柳原功希(4年・近大附属)も健在でバランスの良いラインナップとなっている。持ち味である粘り強さを発揮し、上位校の壁を打ち破ることができるか。

甲南大学

西日本大会において、安定した戦績を残しているがベスト8という厚い壁に苦しむ甲南大学。変則的な動きで相手に予測させないプレイが持ち味である高見克成(3年・神戸科学技術)、躍動感溢れるプレイでチームを勢いづける太田芳熙(3年・甲南)、この二人がゴール下の要としてチームを支える。エースシューターとして日々成長し続ける甲南大の得点源・藤井和月(3年・松江東)、神出鬼没なディフェンスで困惑させ、オフェンスにおいては鋭いドライブで相手を置き去りにする景山瑛登(2年・広島皆実)、そしてチームの核にしてキャプテンとしてチームを率いる小栗尚幸(4年・広島皆実)。格上のチームに喰らいつき、今大会の台風の目となれるか。

近畿大学

ここ数年目立った戦績を残せていない近畿大学だが、今年は違った風格を纏っている。チームの中心となる最上級生の濱高康明(4年・金沢市立工業)、関西の中でずば抜けた身体能力を持つ今村拓夢(3年・沼津中央)、3Pシュートからドライブまでマルチに活躍する榎田拓真(2年・延岡学園)、司令塔には五十嵐正也(3年・大宮北)、濱田貴流馬(3年・尽誠学園)がおり選手層が厚い。そして悩みのタネであったインサイドには、圧倒的な支配力を持つパトリック(1年・東山)が加入したことによりピースが揃った。近年の屈辱を晴らすべく3年ぶりの優勝に向けて準備は万全だ。

Bブロック

立命館大学

学生コーチ主導の下で2年連続好成績を残している立命館大学。今シーズンは新たな指導体制の下で練習を重ね虎視眈々と優勝を狙う。ケガから復帰し2年ぶりの3P王を狙う大野巧人(3年・洛南)、成長著しいセンターの藤田渓舟(2年・九州学院)に加えルーキーながらチームに新しい風を呼び込む南天仁(1年・東山)、粘り強いディフェンスが持ち味の南天仁とドライブからの技ありシュートで魅せる野中和希(1年・九州学院)など、これまでの戦力にさらに厚みが増す。リーグ戦全勝優勝、チャレンジマッチ勝利の末のインカレへ向け布石となる戦いが始まる。

天理大学

昨年度の西日本選手権大会は惜しくもベスト16に留まった天理大学。昨シーズンは一年生ながらチームの司令塔を勤め、巧みなアシストで得点を演出する藤澤尚之(2年・東山)、一昨年の大会でアシスト王に輝くなど持ち前の広い視野で多彩なプレイを連発する佐々木隆成(3年・豊浦)の二人の司令塔が安定したゲームメイキングをする。そしてガッツ溢れるプレイに定評のある南原暎成(3年・大阪桐蔭)とインサイドの要となる黄杲路(2年・岡山工業)がインサイドを制し内外にバランスの良い攻撃を見せる。2年ぶりの王座を狙う”PENGUINS”の躍進に注目だ。

関西大学

今年度の関西大学は選手層の厚さで弱点を補い合い、死角はないだろう。最初にチームの核弾頭であり、抜群の安定感でゲームをコントロールする森田雄次(4年・桜宮)。独特なテンポで抜きにかかるドライブに加え、相手に予測不可能なパスでアシストを量産する足立臣哉(3年・新田)。そしてこの2人、梶原聖大(4年・東福岡)、河野拓海(3年・如水館)、ゴール下を支配するこの重厚なインサイド陣は関西トップクラスのリバウンド力を誇るだろう。その他にも、秋岡和則(2年・岡山工業)、窪田充希(3年・大阪商業大学)などの充実したメンバーが揃っている関西大。持ち前のチーム力で目指すは上位進出。

大阪学院大学

昨年、好成績を残している大阪学院大学。今年度も主力メンバーが健在で、絶対的エースである木下誠(4年・大阪学院大学)が主将としてチームを牽引し、勝利に導くであろう。さらに、U-22代表に選出され他を寄せ付けないほどの活躍がみられるオールラウンダー吉井裕鷹(2年・大阪学院大学)に加え、堅実なオフェンスと粘り強いディフェンスでチームを支える山中将輝(4年・生駒)に注目だろう。今年度もタレント揃いのチームで目指すは優勝のみ。

Cブロック

中京大学

今年のチームは例年と同様にチームオフェンス・チームディフェンスを強みにしている。速井寛太(4年・鳴門渦潮)、粂辰弥(3年・桜丘)のアウトサイド、林瑛司(3年・東海大諏訪)、内山翔太(3年・浜松商業)のドライブや速攻を中心としたオフェンスである。また、今大会は今関裕雅(4年・愛産大工業)、小川元暉(2年・中部第一)らを中心にしたディフェンスでチームの勝利が左右される。さらに、小泉大地(4年・大野)、中崎有暉(2年・岡崎西)川嶋正輝(2年・九州学院)らのリバウンドにも注目をしてほしい。誰が出ても、レベルの下がらないチームで大会に臨む。試合に出場する選手、試合に出場できない選手関係なく、一人一人がやるべきことをしてファイナル出場、優勝を狙う。

九州産業大学

昨年、ベスト16と悔しい結果に終わった九州産業大学。今年は上級生中心のチームとなり昨年よりも手強い存在となるだろう。注目の選手は鈴木龍雄(4年・前原)。息のあった多彩なオフェンスを得意とするチームの大黒柱だ。鈴木を支える影の貢献人は宮﨑祐輔(4年・小林)だ。得意のジャンプシュートを中心に得点を量産する彼からも目が離せないだろう。インサイドの要となるのはラングストン・アンソニー (2年・ナーボン)。昨年からチームに新加入したゴール下の番人である。彼らを中心に九産大が新たな時代を築くだろう。

愛知学泉大学

昨年の主力メンバーが残る愛知学泉大学。下級生の頃から主力として活躍し、今年キャプテンとしてチームを牽引する太田大誠(4年・浜松学院)、高い身体能力を生かしたプレイでチームを勝利に導く磯尾和也(4年・鳥取東)、一度乗ったら止まらないシューター木村晃大(4・中津川工業)らを中心に、モーションオフェンスと多彩なスクリーンプレイで相手を苦しめる。ここ数年、思うような結果を残せていない学泉大。伝統の粘り強いディフェンスを武器に狙うは優勝のみ。

日本経済大学

今年度は去年から中心メンバーであった矢野春樹(4年・高知商業)、武田祐一(4年・直方)、小野晃弘(4年・鹿児島工業)が最上級生となりチームを引っ張る、さらに今年キャプテンとしてチームを牽引する久我匠(4年・柳川)、大型選手ながらシュートレンジが広く、得点を量産する蔡錦鈺(2年・福岡第一)、ディフェンス力のあるシューター浅井峡介(2年・開志国際)、またルーキーながらリバウンド、ルーズボールに絡みチームを鼓舞する奥村大翔(1年・飛龍)、流れ変えるスコアラー濱砂賢人(4年・小林)など選手層が厚く今年が勝負の年、初優勝を目指す。

Dブロック

新潟経営大学

昨年度、初のベスト8入りした新潟経営大学。実績を残した主力選手が卒業しチームが大幅に様変わりしたが、経験を積んだオールラウンダー井上凌(3年・加茂)と、パワフルなプレイでインサイドを支配する高嶋寿剛(3年・文星芸大)がチームを引っ張る。チームの武器であるフィジカルを活かした激しいディフェンスに磨きをかけ、相手の得点をシャットアウト。オフェンスでは多彩なプレイで中外バランス良く得点する。張新鋒(1年・藤枝明成)、山崎玲緒(1年・つくば秀英)など新戦力も加わり全員バスケで上位進出を狙う。

流通科学大学

チームが流れに乗った時のオフェンスは、他のチームの追随を許さぬほどの爆発力だろう。流通科学大学の原子力としてチームを支えるは松浦慎哉(4年・広島商業)。持ち前の身体能力を生かし、インサイド・アウトサイド両方を柔軟にプレイが可能な諏訪裕亮(3年・秋田工業)。緩急を駆使し、ドライブで相手の隙を作りパスをさばくチャンスメーカー垣崎真吾(3年・東山)。粘り強いディフェンスは勿論のこと、何よりも強力なのは高確率で決まる3Pシュートを要する清水雄太(4年・神戸村野工業)。いぶし銀な活躍だけでなく、闘志溢れるプレイでもチームを引っ張るのは主将・高田竜豪(4年・九州産業)、各々の強い個性を上手く嚙み合わせることが大きな課題として挙げられるが、はたしてどのような結果となるのか。

京都産業大学

今年の西日本大会の目玉は京都産業大学であるのは間違いない。昨年は徐々に力をつけ、リーグ戦では安定した強さを見せつけた。大庭岳輝(3年・洛南)、リンダーライアン雅輝(3年・尽誠学園)、川口廉人(3年・尽誠学園)の関西BIG3に加え、急激な成長を遂げた会田太朗(4年・星翔)、圧倒的な身体能力で見るものを驚かせるアンドレ(1年・沼津中央)、1年間経験を積み安定感が増した永尾友弥(2年・初芝橋本)。さらに、今年キャプテンとしてチームを牽引する高田颯斗(4年・洛南)がゲームを支配する。この関西随一のタレント集団がまとまれば、おのずと王座が見えてくるだろう。

名古屋学院大学

攻撃的なディフェンスから機動力を生かした多彩なオフェンスで今年こそは優勝を誓う名古屋学院大学。大型選手ながら多様なスコアリングパターンを持つ福岡博貴(4年・中部第一)、高確率のアウトサイドシュートが武器の江崎聖弥(4年・愛知黎明)、安定したボールコントロールとハイテンポなバスケットでチームを支える猪飼貴都(4年・名古屋大谷)、堂々たる全国経験を持ち、精度の高いアウトサイドシュートとパスセンスが光る攻撃型司令塔鈴木空(3年・桜丘)、高い身体能力で攻守にわたりチームを束ねる村鳥匠(3年・誠信)圧倒的なパワーと高さでゴール下を制圧し、得点を量産する王ウェイ嘉(2年・中部大第一)。そしてこのチームを牽引するのが、フィジカルの強さと器用さを併せ持ち昨年度の大会でリバウンド王に輝いた山田英治(4年・愛産大工業)。昨年度の屈辱を果たすべく、チーム一丸となり目指すは「優勝」の二文字だ。

 

<女子>

Aブロック

愛知学泉大学

攻撃的なディフェンスから機動力を生かした多彩なオフェンスで、三連覇を目指す愛知学泉大学。創部61年の歴史を背に、今年も挑戦者として西日本39回目の優勝に挑む、力強い1on1とオールラウンドなプレイで得点を量産するアイメレクモニィーク(4年・安城学園)、安定したシュート力でチームに流れを引き寄せる永池未怜(4年・府立豊島)や3Pシュートを武器としコートを駆け回る伊藤里奈(3年・岐阜女子)、相手のシュートを封じ込めるブロックでゴール下に君臨する髙橋華菜(3年・安城学園)らを中心に華麗なゲームを繰り広げる。スピード且つキレのあるカットを武器としチームに勢いをもたらすルーキー鬼塚彩乃(1年・福岡大若葉)の活躍にも注目だ。存在感を発揮する上級生を軸として、チーム一丸となって三連覇を目指す。

奈良学園大学

高さを活かしたインサイドプレイとスピードのあるアウトサイドプレイ、粘り強く走り負けないプレッシャーディフェンスで勝利をつかむ奈良学園大学。激しく力強いディフェンスでチームを引っ張る上田桃子(4年・岐阜商業)と身体能力を生かしたセンタープレーが得意の坂口日菜(4年・浜松海の星)がチームを支える。お互いに高め合い、短い時間の中で声を出し、全力で走り、集中する。日々の練習で鍛えた力を発揮することで昨年の成績より上を目指す。最後まで諦めず、走り負けないディフェンスにも注目したい。

天理大学

激しく、当たりの強いディフェンスから今季は展開の早い攻撃を前面に出している天理大学。今大会ではベスト8を目指す。流れを引き戻すプレッシャーディフェンスからのスティールが持ち味である足立明日翔(3年・高松商)がチームを率い、攻め気のオフェンスと強いドライブが持ち味の上中紫苑(3年・大阪薫英女学院)が流れを作っていく。ルーズボールやリバウンドを常に意識しゲームライクで練習を行っている勢いのあるゲームメイクに、ベンチとコートの一体感のある天理大に注目したい。

鹿屋体育大学

「絆をチカラに!」をチーム理念に掲げ、気持ちから熱く入り、ハッスルバスケットを目指す鹿屋体育大学。高確率のシュート、多彩なプレイでチームを引っ張るキャプテン時長美桜(4年・倉敷翠松)、力強いリバウンドでチームを支える大串梨沙(3年・駿河総合)、インサイド、アウトサイドどこからでも得点を狙える白石楓夏(2年・慶誠)、オフェンス、ディフェンス共にアグレッシブなプレイでチームに勢いを与える田村碧衣(1年・岡豊)を加えチームで頂点を目指す。

Bブロック

中部学院大学

昨年度、創部以来はじめて西日本大会ベスト8と大躍進した中部学院大学。軸となる絶対的エースがいない分、チーム全員でアグレッシブなディフェンスからブレイクで点数を重ねていきたい。インサイドでは、星野渚(4年・市立習志野)のリバウンド、アウトサイドでは、砂川優花(3年・中村学園女子)のドライブ・3Pシュートと多彩なプレイに注目。また、サイズは小さいが、市原由貴(4年・岐阜商業高)大西栞(4年・岐阜商業高)のチームに勢いをつけるディフェンスやルーキー勢にも注目である。

大阪体育大学

昨年度の西日本ではベスト16という結果に終わったが、リーグ戦では2位、インカレではベスト8と調子を上げていった大阪体育大学。昨年度から活躍する灘本夏綺(4年・奈良文化)が巧みなボールコントロールでシュートを沈め、チームを支える。加えて、ルーキーの奥村鈴(1年・広島皆実)が高身長を活かし、冷静な判断でチームに貢献してくれるだろう。大体大の早いゲーム展開で対戦相手を翻弄し、技術とパワーでゴールを決める展開を見るのが楽しみだ。

名古屋学院大学

昨年度ベスト16の名古屋学院大学。今シーズンのチームを牽引するのは、多彩なプレイを持ち味としチームの得点源であり、力強いドリブルとジャンプシュートが持ち味の中山彩奈(3年・鹿児島純心女子)。そして激しいボールマンプレッシャーからのスティール、精度の高い3Pシュートでチームに流れを引き寄せる小林栞(3年・長崎純心女子)。これらの選手を中心に粘り強いディフェンスからゲームの流れを引き寄せる。日々の練習で培ったチーム力を発揮し、今大会ベスト8進出を目指す。

日本経済大学

昨年は目標であったベスト4を達成した日本経済大学。後藤桃美(4年・熊本商業)のアグレッシブなディフェンスからチームに勢いをつけ、岡田咲恵(3年・下関商業)のキレのあるドライブからディフェンスを崩してゲームをコントロールする。チームの得点源であるダラーメ・マレム・ドイ(3年・倉敷翠松)を中心としたインサイドプレーで得点を重ね、アウトサイドからは、江口詩織(4年・長崎商業) 喜多伊綾(3年・長崎商業)の安定した3Pシュートでリズムを作り出す。オールラウンダーの清本優菜(2年・中津北)の多彩なオフェンスから中松葵(4年・中津北)の長身を活かしたミドルシュートは相手とって脅威になるに違いない。ベンチメンバーを含め、全員バスケットで今大会は優勝を目指す。

Cブロック

大阪人間科学大学

昨年度の今大会は3位と見事な結果を残した大阪人間科学大学。全大会で常に上位に位置する大人科は、昨年度の結果に満足せず上を目指し、今年こそは優勝と士気が高まっている。昨年度に引き続き、選手層が厚く統制の取れた攻めの中に個性のあるプレイが垣間見え、見応えが満載だ。昨年度のリーグ戦で個人賞を大量獲得した金田愛菜(2年・大阪薫英女学院)は、オールラウンダーとしてコートを縦横無尽に駆け回る。チームを支える宮﨑寧子(4年・大阪薫英女学院)は、コンスタントなプレイでゲームに安定感をもたらす。塩田菜緒(3年・堺東)はフィジカルを生かした迫力のあるプレイで観客を魅了し、チームに流れをもたらす。昨年度の悔しさをバネに練習を積み重ね、挑戦者として挑む今大会。大人科の目には「優勝」の二文字しか写っていない。

西南女学院大学

新生西南女学院大学は、過去の成績を上回ることを目標に日々練習を重ねてきた。チームの信条は、五人でシュートチャンスを産み出し、それを堅実なシュート力で得点に結びつけることである。新チームを担うスターターは未だ不定と言えが、ゴール下を中心にリバンドや多彩なシュートで得点をもたらす二ノ宮可南(3年・福岡大若葉)、ディフェンスとオフェンスのバランスのとれた濱口千恵梨(3年・長崎商業)らが、要となることは間違いない。乾坤一擲、背水の陣で西日本学生に望む。

東海大学九州

新チームから全員がポジションに関係なく、得点が取れることを目標に取り組んできた。また、昨年からの課題であるマンツーマンディフェンスの強化も図りながら、チームのレベルアップに努めてきた。チームの柱である金子仁美(4年・東海大学付属熊本星翔)、豊田有紗(4年・佐賀清和)を中心にリバウンドからブレイクを量産したい。徹底的にシュートにこだわることを念頭にアウトサイドは山下裕衣(4年・熊本商業)が牽引する。新入生の力も加わり、層の厚くなった今年は全員で1プレイに尽くしたい。

武庫川女子大学

昨年度の今大会で準優勝を飾った立命館大学に、惜しくも1点差で敗退しベスト8となった武庫川女子大学。今年はベスト4を目指し昨年度の成績を塗り替えたいと意気込んでいる。チームの特徴は、個々のプレイスタイルを生かしながら、スピードの中で正確なシュートを繰り出し、ディフェンスをはねのける。チームの柱となるのは、安定したパスからチームを支える司令塔の土田帆乃香(3年・安城学園)。藤田夏生(2年・神戸龍谷)はルーキーから活躍し、チームトップのシュート力を誇る。2人を筆頭に勢いに乗る武庫川の活躍が期待される。

Dブロック

関西学院大学

上手く波に乗り切れず、思うように結果を残すことができなかった関西学院大学。今年度はインカレに向けて一歩ずつ目に前の一戦に集中したいと意気込みを語る。井上桃子(3年・市立尼崎)がルーキー当時からパワーのあるプレイでチームに貢献してきた。どこからでもシュートを放ち、勢いに乗ったら誰にも止められない。主将を務める中川望美(4年・星城)は、キレのあるドライブで流れを作り、チームを牽引する。新たな力を追加して、内なる力を秘めた関学大に大いに期待したい。

名古屋経済大学

2年連続ベスト16に入った名古屋経済大学。創部当初よりチームを内外で支える大橋瑠菜(3年・岐阜女子)、大橋璃菜(3年・岐阜女子)の双子がチームの要である。勢いある山の手コンビ田中未来(2年・札幌山の手)、黒沼咲百(2年・札幌山の手)は今年も健在である。そして今年の注目ルーキー小野佑紀(1年・岐阜女子)、遠山佳奈(1年・札幌山の手)が加わったことでサイズアップされ、3学年そろったことで選手層が厚くなった。チーム結成3年目となる今年、初のベスト8進出を目指す。

北陸大学

今年で創部3年目となる北陸大学。昨年初めて挑んだ本大会では、ベスト16の成績を収めた。平均身長165cmと小柄なチームだが、攻攻撃なディフェンスを武器とする大澤光稀(3年・津幡)を中心に、堅い守りを持ち味とする。オフェンスでは、佐藤千裕(3年・津幡)のドライブを中心に小倉ひかる(3年・津幡)の3Pシュート、江頭凜音(3年・鹿児島女子)のジャンプシュートで得点を量産する。また、攻守ともにアグレッシブなプレーでチームを支える狩野希実(3年・紫野)にも目が離せない。昨年度の成績を上回るべく、全員で今大会に挑む。

立命館大学

昨年度の今大会で準優勝と見事な成績を収めて、今年度こそは優勝と闘志を燃やす立命館大学。気迫ある粘りのディフェンスからブレイクを狙い、流れを一気に自チームに引き寄せるところが見どころとなる。大黒柱として精神的支柱となるのは羽田彩乃(4年・四日市商業)。ディフェンスでチームを支え、チームを鼓舞する。ルーキーとして注目したいのは、福田奈々(1年・京都すばる)と西田保乃伽(1年・徳山商工)である。福田は183cmの身長を活かし、インサイドプレイで魅せる。西田は変幻自在なドライブで相手をかわし、ゴールに迫る。新たな選手も加わり、チームに新しい風を吹かせてくれるだろう。一段と選手層が厚くなった立命館を止めることができるだろうか。今大会で大いに暴れてくれることを期待したい。

広告